武田信玄公の御生涯に深い敬慕の念を抱いている、管理人・大膳大夫カツヤの徒然なる日記を紹介致します。


by takedasikon
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

信玄の心の内 (川中島古戦場より)

f0022982_7565023.jpg

思い立ったが吉日!
…ということで、仕事帰りに(前日は午前中に仕事がおわったので)、車を飛ばし…そのまま川中島古戦場に来ています!スーツ姿のまま。。。なんだか行楽とはチグハグ風景ですが(汗)
そんなことは気にしない!

あの戦いから450年。。。
感慨深いものがあります。取り敢えず、この戦いで命を落とされた「もののふ達」を偲び慰霊を続けます。スーツ姿で線香を焚きながら、川中島の古戦場を彷徨っている人間がいたら…多分それは私です(苦笑)

また、詳細はレポします♪
f0022982_845780.jpg

それにしても…
武田信玄公の生涯は、探究すればするほどに奥深い…

どのような困難にも、冷静沈着・果敢に立ち向かう信玄公。。。
数ある戦国武将の中で、家族への愛情を示す文書が多数散見されるのは武田信玄公だけなのだそうです。しかし、信玄公が家族との関係において非常に不幸な宿命を背負っていたとは周知の通りです。。。

人間信玄と、数多くの命をあずかる国主としての信玄公の実像との間に生じるギャップを見るとき…

戦国の世の厳しさが身につまされます。。。

そして信玄公の胸内を思うと、察するにあまりあるものがあります。現代の世にあっても、誤解されることの多い信玄公。しかし、私はそんな信玄公に惹かれます。ずっと彼の味方でありたいと思うのです。
[PR]
by takedasikon | 2011-11-27 08:14 | 武田信玄