武田信玄公の御生涯に深い敬慕の念を抱いている、管理人・大膳大夫カツヤの徒然なる日記を紹介致します。


by takedasikon
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

「剣」のこころ

僕は趣味で週に1~2回、居合道の稽古に出かけます。

よく色んな人から…「居合道ってなに?」とか「マニアックなことやってるなぁ…」などと言われてしまいます(苦笑)確かに居合道という武道は、それに携わる人が少ないですし…刀剣などに関心のない人にとっては馴染みのない武道だと言えますね(`∀´)

■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■
f0022982_11253716.jpg

    【↑は僕の愛刀…というか「僕のよき稽古仲間」です:笑】

■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■

しかし…この居合道!なかなか面白いのです!

居合道とは、真剣または居合刀を使用して剣の操術を修練する武道です。
イメージし易く説明すると…「拳銃の早撃ちの日本刀ヴァージョン」と言えるかもしれません(笑)あらゆる不測の事態に備えて…相手よりも素早く抜刀して、一瞬の内に相手を制する!…そういうスキルを身につける為に精進する武道なのです。単純に言うとね…(^-^;

僕がこの武道と出会ったのは2年前の夏のことでした。
当時、精神的に物凄く荒んでいた僕は「いかん!このままじゃ駄目人間になっちゃうな!」と焦りだしました(苦笑)

自分の怠惰・弱さに埋没しないように…僕は「弱く」なると、やたらめったらに旅行に出掛けたり…演劇を鑑賞したり、美術館に行ったり、習い事を始めたり…あがきます(自爆)そんな「あがき」の一環としてたどり着いたのが居合道でした。不純な動機で恥ずかしいですが…(苦笑)

新たな刺激と何かしらの変化を渇望していた僕…
居合道は様々なことを教えてくれます。他者に対する尊敬の念、礼節の大切さ、厳しさと優しさ、身体の動かし方、古来の武士の思想…特に身体の使い方には驚かされました!?

相手を倒そう…相手をやっつけよう…そういう気持ちが強くなり、身体に力が入ると、剣先がぶれ…刀のスピードが出ないのです(汗)逆に身体中の力を抜いて…刀を握るというか、むしろ刀を「つまむ」ような感覚で稽古に取り組むと…不思議と剣先も定まり、刀のスピードも増すのです。

当初の僕は前者…即ち「相手をぶっ倒そう!」そういう気持ちばかりが前面に出ていたらしく、なかなか上達しませんでした。

そんな僕を見て道場の先生は…

「相手を倒そうとか…強くなろうとか…そんな事を目的として、われわれは稽古をしている訳ではないですよ。我々の目的はもっと上の方にあるべきです。そう…剣は美しくなくてはなりません♪」

先生のこの言葉は今も僕の心の支えであり、僕の目標でもあります♪
居合は深い…願わくば!白髪の老人となり、身体が動かなくなるまで(爆)
この武道とはお付き合いしてゆきたいと思っています(´∀`)


■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■

にほんブログ村 歴史ブログへ
当ブログは「歴史ブログ」のランキングに参加しております。もしも記事の内容を気に入って頂けたならば、上のバナーをクリックして下さると嬉しいです(≧▽≦)

■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■
[PR]
by takedasikon | 2006-05-30 12:09 | 居合道