武田信玄公の御生涯に深い敬慕の念を抱いている、管理人・大膳大夫カツヤの徒然なる日記を紹介致します。


by takedasikon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:居合道( 4 )

この場を借りてご報告を!!

先日、居合道の昇段試験があり…無事に管理人・大膳大夫カツヤも昇段することが出来ました♪これまで御指導して頂いた恩師の方々、同期・同門の友人たち、その他…日常生活の中で色々と僕を支えてくれる皆さん♪どうもありがとうございました(≧▽≦)

これからもより一層精進して邁進してゆく所存です!
f0022982_1639524.jpg

<↑昇段試験開始前の様子…皆さん思い思いに稽古されてます>

やっぱり試験は緊張しました…
あの、試験会場独特の「緊張感」はなんともいえませんね(笑) 特に、今回の昇段試験は…直前に用事で長期に渡り稽古に従事できない期間が数ヶ月ありましたから…。周囲の先生方に「大丈夫だよ。合格します!」と、ありがたい太鼓判を頂いていても、個人的には不安な面が多々ありました。

他人の目は欺けても…自分自身を欺くことはできません(苦笑)
長期間、稽古に従事していなかった為に…随分と自分自身の力量が低下しているのが、よく分かるのです。「やはり受験を辞退しようか…」などと考えていたのですが…「試験日までに猛特訓して頑張ればいいねん!」と同門の方々に励まして頂き…なんとか当日まで漕ぎ着けることができました♪

やはり昇段できると無邪気に…正直に嬉しいです☆
けれども浮かれてばかりはいられませんね。大袈裟な言い方をすれば…これまで居合道に従事することによって、学べたこと、恩師から受けたもの、同門の方々から受けたもの、全てを自らの「肥やし」にして周囲に還元できる人間になってゆかなければ!

段位に恥じぬ自分であるために…
これからも精進してゆかなければなりません!

これからは…居合を修行してゆく上で、どのような目標を立て…どのような居合を目指すべきなのだろうか…。そんなことを考えている時に、ふとこの道の大先生のお言葉を活字で目にしました。

居合道修練の信条

①人を斬らず、人に斬られないのが居合である。
②心の敵を作るな。
③邪念邪欲を去れ。
④己を責めて、己に勝て
⑤天理に基づき人道にのっとり、刀を抜かぬ前の居合修行を第一義と心得よ。
 
   居合とは己が心に勝つばかり
       人の非を見て人にさからうな


なかなか難しいですが…確かに心に響く言葉であるように思います。特に「心の敵を作るな」は日常からの僕自身の信条でもあります。

誰かを憎んだりする時…そのような心が自らの中に生じることは「自分自身の敗北」だと思えるのです。憎むべき相手をも包みこむ度量というか…容量を持つ大きな人間になりたいと考えていますが…修行の道はまだまだ険しいです(苦笑)けれども諦めません(笑)

居合の道は奥深く…深遠です。
願わくば生涯をかけて歩いてゆきたい道でもあります。

■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■


にほんブログ村 歴史ブログへ
当ブログは「歴史ブログ」のランキングに参加しております。もしも記事の内容を気に入って頂けたならば、上のバナーをクリックして下さると嬉しいです(≧▽≦)


■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■
[PR]
by takedasikon | 2006-11-28 17:17 | 居合道
僕は趣味で居合道を嗜んでいますが、先週は調子に乗って12時間もぶっ続けで稽古を行ってきました(笑)むちゃくちゃ楽しかった♪どうやら…居合の修行は、僕の生活の一部になりはじめたようです(笑)
f0022982_17235246.jpg

上の写真は普段の稽古の様子の写真…写真奥、剣を上段に振りかぶっているのが管理人です(^-^)v

居合道とは実際の日本刀を使用して、その操術を体得することを目的とした武道です! 一般的に流布する剣道などとは違い…実戦を想定し…相手の息の根を完全に止めることを目的とした武道なので、恐ろしい殺人技とも言えます(汗)実際に居合の「技」を修練していると…「うげげげ…!!なんて残酷な技なんだ!」と恐ろしくなることが度々あります(爆)

しかし…実戦用の武道であるがゆえに…
居合の修行に携わっていると「なるほど!当時の武士はこのようなこことを意識していたのか!」とか「なるほど…実戦ではこのような体裁きが必要となってくるのか!」などということが分ってきます。

居合の修行に携わるということは「在りし日の武士の息吹を体感する」…ということなのかな?と最近では思うようになりました。
f0022982_17452452.jpg

写真は、当ブログでは何度か登場しました僕の愛刀です♪

最近では…朝起床して洗顔した後に、コイツで素振りをすることが日課になっています!ただ何度か失敗してしまい(汗)我が家の天井には数箇所・刀傷がついています(自爆)※このことは家族には秘密にしています…どうかここだけの話にしてくださいね(^^;)

余談になりますが…我が家は、平安末期から明治維新まで続いた武士の家系だったそうです。戦前までは、先祖伝来の甲冑や刀剣、槍、火縄銃などが実家にあって…祖父などは毎朝槍の稽古をしていたと言われていますが…いまは何も残っていません(T-T)

刀剣や槍などは、戦後GHQに没収されたらしい…ちっくしょ~!アメリカめぇ~(爆)返せ!返せ!(笑)甲冑に至っては二束三文で売却され…祖父の趣味であるクラシック音楽の方へ投資されたのだとか…きゃ~っ!勿体無い~っ(T-T)返せっ!返せっ!(自爆)

嗚呼…。先祖伝来の刀…どんなものだったのか、この目で確かめてみたかったです…。また、居合の御師匠の中には(当然と言えば当然ですが)刀剣マニアが多いです…。お師匠様達と刀剣話に花を咲かすのも僕の楽しみの一つ!(笑)

有名な戦国武将の拝刀などを所持しておられる先生もおられて…
そういう御刀に触れさせて頂く瞬間には「嗚呼!居合やっていて良かった~♪」と思えます。まだまだ若輩者ではございますが…これからも、自分なりの歩幅で居合を愛してゆきたいと思っております♪

いやぁ~♪武道って本当に良いものですね~♪(←水野晴男風に:笑)

■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■


にほんブログ村 歴史ブログへ
当ブログは「歴史ブログ」のランキングに参加しております。もしも記事の内容を気に入って頂けたならば、上のバナーをクリックして下さると嬉しいです(≧▽≦)

[PR]
by takedasikon | 2006-10-28 18:04 | 居合道
「マニアックなことやってるなぁ~」 
そう言われてしまうかもしれませんが(苦笑) 僕は趣味で居合道をつづけています!この居合道…ストレス解消には最適なんですよね♪
f0022982_0472547.jpg

<↑写真奥、白い胴衣に黒の袴で剣を振り下ろしているのが管理人です:笑>

僕の場合は、週に1~2回の間隔で道場に通っているのですが…。
このところとても忙しくて、1~2ヶ月もの間、道場から遠ざかってしまっていました(T-T)「いかん!いかん!このままじゃ身体が鈍ってしまう!」慌てて道場に向かったのでした!

自宅から道場までは車で1時間ほどの距離。
自宅で胴衣・袴に着替えた後…「マイ・日本刀」を肩から背負い、白足袋に草履を突っ掛けて出陣します(笑)

昨夜は生憎、父親と弟が家の車を使用しているとのこと…自宅の駐車場に残っていたのは、父が仕事で使っている貨物車のみ(泣)仕方がないので…貨物車を運転して道場に向かう羽目に…(爆)

僕にとっての…ドライブをする際の楽しみ♪
それは、運転しながら大好きな音楽を大音量で楽しむことです。この日はモーツアルトを楽しみました!モーツアルトの「交響曲第25番ト短調」、この音楽は映画「アマデウス」のオープニングでも使用されていましたね☆

好きな音楽に身を委ねながら…国道を走り…車窓を過ぎ行く風景に思いを馳せる。一の谷…須磨の海…舞子の松林…。そして沈みゆく夕日。この季節の夕焼けは本当に美しいのです。太陽の放つオレンジ色と…空の持つ青色。そして夜の黒い闇!この三色が、まるで魔法のように複雑に絡み合い、滲み…。なんともいえぬ美しい色彩を帯びてくれるのです。

最近、なぜか涙腺がゆるくなってしまった僕は…
このような景色を見ていても何だか涙を浮かべてしまうのです(自爆)

どうしてだろう?「こんな色が人間に出せるか?この美しさを見ろ!」そんなことを考えていると何故だか涙が出てしまうのです(←アホ)

冷静に自分を見つめなおしてみる…

袴姿でトラックを運転する僕…助手席には日本刀…BGMは大音量のモーツアルト…そして何故だか運転しながら夕日を眺めて泣いている

全てがバラバラ…全てが不可解…そしてなんてバカな構図なのだろう?(自爆)自分でも笑けてくるのでした( ̄□ ̄;)!!

■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■


にほんブログ村 歴史ブログへ
当ブログは「歴史ブログ」のランキングに参加しております。もしも記事の内容を気に入って頂けたならば、上のバナーをクリックして下さると嬉しいです(≧▽≦)

[PR]
by takedasikon | 2006-09-05 01:33 | 居合道

「剣」のこころ

僕は趣味で週に1~2回、居合道の稽古に出かけます。

よく色んな人から…「居合道ってなに?」とか「マニアックなことやってるなぁ…」などと言われてしまいます(苦笑)確かに居合道という武道は、それに携わる人が少ないですし…刀剣などに関心のない人にとっては馴染みのない武道だと言えますね(`∀´)

■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■
f0022982_11253716.jpg

    【↑は僕の愛刀…というか「僕のよき稽古仲間」です:笑】

■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■

しかし…この居合道!なかなか面白いのです!

居合道とは、真剣または居合刀を使用して剣の操術を修練する武道です。
イメージし易く説明すると…「拳銃の早撃ちの日本刀ヴァージョン」と言えるかもしれません(笑)あらゆる不測の事態に備えて…相手よりも素早く抜刀して、一瞬の内に相手を制する!…そういうスキルを身につける為に精進する武道なのです。単純に言うとね…(^-^;

僕がこの武道と出会ったのは2年前の夏のことでした。
当時、精神的に物凄く荒んでいた僕は「いかん!このままじゃ駄目人間になっちゃうな!」と焦りだしました(苦笑)

自分の怠惰・弱さに埋没しないように…僕は「弱く」なると、やたらめったらに旅行に出掛けたり…演劇を鑑賞したり、美術館に行ったり、習い事を始めたり…あがきます(自爆)そんな「あがき」の一環としてたどり着いたのが居合道でした。不純な動機で恥ずかしいですが…(苦笑)

新たな刺激と何かしらの変化を渇望していた僕…
居合道は様々なことを教えてくれます。他者に対する尊敬の念、礼節の大切さ、厳しさと優しさ、身体の動かし方、古来の武士の思想…特に身体の使い方には驚かされました!?

相手を倒そう…相手をやっつけよう…そういう気持ちが強くなり、身体に力が入ると、剣先がぶれ…刀のスピードが出ないのです(汗)逆に身体中の力を抜いて…刀を握るというか、むしろ刀を「つまむ」ような感覚で稽古に取り組むと…不思議と剣先も定まり、刀のスピードも増すのです。

当初の僕は前者…即ち「相手をぶっ倒そう!」そういう気持ちばかりが前面に出ていたらしく、なかなか上達しませんでした。

そんな僕を見て道場の先生は…

「相手を倒そうとか…強くなろうとか…そんな事を目的として、われわれは稽古をしている訳ではないですよ。我々の目的はもっと上の方にあるべきです。そう…剣は美しくなくてはなりません♪」

先生のこの言葉は今も僕の心の支えであり、僕の目標でもあります♪
居合は深い…願わくば!白髪の老人となり、身体が動かなくなるまで(爆)
この武道とはお付き合いしてゆきたいと思っています(´∀`)


■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■

にほんブログ村 歴史ブログへ
当ブログは「歴史ブログ」のランキングに参加しております。もしも記事の内容を気に入って頂けたならば、上のバナーをクリックして下さると嬉しいです(≧▽≦)

■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■
[PR]
by takedasikon | 2006-05-30 12:09 | 居合道