武田信玄公の御生涯に深い敬慕の念を抱いている、管理人・大膳大夫カツヤの徒然なる日記を紹介致します。


by takedasikon
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2006年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

こんにちは。最近、忙しくて再度更新サボリ気味です(汗)
申し訳ありません…(汗) 冒頭でも紹介致しましたが、いつのまにやら来訪
者吸数も500人を突破し…既に650人も突破し…700人に近づいております(←凄く自慢げ:苦笑)

こじんまりとした・・・云わば身内だけに公開しているサイトですが…。
飽きっぽい管理人が記事を途切れ途切れながら書き続けられるのも、いつも来
てくださる…そんな素敵なもののふ方(←皆さんのこと)のおかげであると考えています。この場を借りて…ありがとう(≧▽≦)

さて…毎回100人突破ごとに僕の「信玄コレクション」を公開してきました…今回公開致しますのはこれです!じゃじゃーん♪
f0022982_11583153.jpg

…なに?…と思われるかもしれません(笑)
これは本です(笑)

…汚い本だなぁ…なんておもわれるかもしれません(笑)
至極当然…この本は万治2年(1659)に開版された本なのです…
いまから347年前の本なのです…
f0022982_124870.jpg

僕の自慢のお宝です(笑)
本の題名は…『甲陽軍鑑』 武田信玄の生涯や軍略を「軍学のテキスト」とし
て編集した本です。江戸時代においては「武士の教科書」として広く読まれ、
ベストセラーになりました。

武田信玄研究には欠かせない史料と言えますが…その内容については諸説紛々
しています。「史料」として読むには…年代などの間違いが多いのです…
つまりアカデミックな立場から見れば「年代や記述ミスが多すぎる。この甲陽
軍鑑は良質な史料とは言えない!」…となってしまう訳なのです。

戦後の歴史学界における『甲陽軍鑑』の立場は非常に不安定なものでした。
しかし近年の研究で…この『甲陽軍艦』の持つ意義・意味について改めて考え
直そう!という動きも活発になって来ています。

そうそう!小説やドラマで有名な謎の軍師・山本勘助の活躍などは全てこの『甲陽軍鑑』の記述が元になっているのです♪そういえば来年の大河ドラマはこの山本勘助を主人公にした『風林火山』ですね!楽しみだぁー(≧▽≦)
f0022982_12122578.jpg

…と信玄話をしていたらキリがなくなってしまいそうなので…今日はこの辺で
止めておきます(笑)

「史料」として信憑性に欠けるといわれますが…中学や高校の日本史で必ず暗
記させられる『甲州法度(信玄家法)』などの良質な史料も掲載されていて非
常に丁寧に作られていることも事実なんですよ♪

上の写真はそんな「甲州法度」が書かれている部分です。
歴史に限らず…この本には「人としていかに生きるべきか?」などというテーマが貫かれており、読んでいて非常に勉強になります。

この本に出会わなければ今の僕は居なかった…と言っても過言ではありませ
ん!現代語訳された本などは一般書店でも入手できますので、興味をもたれた
方は一度読んでみてください♪

コメントに書き込んでくださっている皆様へ…返信が遅くなってしまってすみません。今日も記事を書いてたら時間がなくなっちゃった(汗)今晩にでも一括してお返事を認めますので…ごめんね~
[PR]
by takedasikon | 2006-02-28 12:26 | 武田信玄

古都逍遥

2月23日(木曜日)

僕には放浪癖があります…(笑) 暇さへあればどこぞへ出かけたくなる…。
時々、誰にも邪魔されることなく、心のまま…遠くに行ってみたくなる。

昨日は久方ぶりに一日休みがとれました。
こういう日には「何かしら美しいものに触れたい♪」 そう思うのです。
胸を打ち震わせてくれるような「美」に出会いたい(壊)
f0022982_1284665.jpg

…ということで
今日は一日かけて古都・奈良を散策してきました。飛鳥~天平の面影を残す寺
社仏閣を訪ねて…。

心身ともによきリフレッシュとなりました♪
色々と詳細を書きたいけれども…今日は疲れて眠いので(苦笑)また明日にで
も詳細をアップしたいと思います♪

ではでは…おやすみなさいませ(笑)
[PR]
by takedasikon | 2006-02-24 01:39 | 旅行
夕暮れに染まる海は穏やかで美しいです…
f0022982_1553641.jpg

決して忘れぬように…そう決意した 決して消えぬように…そう願った
いつしか消えてゆく心を恐れては…いつしか離れてゆく心を恐れた

暖かい風に吹かれるとき 沈みゆく夕日の美しさに圧倒されたとき 
突然の夕立で街が灰色に染まる時 満月が海面を金色に染めた時

僕は君を思う

美しい虹が街の上空で微笑んだ時 小さな赤ちゃんが微笑んだ時
とても美しい花が散ったとき とても美しい花が開いたとき 
 
君に見せてあげたいと思う

とても親切な人に出会えたとき とても大切な人に出会えたとき
とても素敵な人に出会えたとき 尊敬すべき人に出会えたとき

なぜだろう?僕は君のことを思い出した

君が消えてしまったとき 君がいなくなってしまったとき
君の中で僕が死を迎えたとき 僕の中で君が死を迎えたとき

決して忘れぬように…そう決意した 決して消えぬように…そう願った
いつしか消えてゆく心を恐れては…いつしか離れてゆく心を恐れた

波は今日も浜を洗います 夕日は今日も沈みます
雲は今日も風に乗って空を泳ぎます
君と歩いた道は今日もあの日のまま 君と待ち合わせをした場所も… 
僕は今日も笑っています だから君にも笑っていて欲しい

明日も笑顔でいられますように 幸せでありますように


 蒼天を すぎゆく風は 君つつみ 和する碧洋 我が胸の中
                      
                      大膳大夫カツヤ

誤解をされてはいけないので…(苦笑)今日の記事は管理人のプライベートとは無関係です!センチメンタルになっている訳でもないし…誰かと変な関係を結んでいる訳でもありません(爆)ただ何となく書いただけ(^-^;)
お騒がせ致しました。。。

[PR]
by takedasikon | 2006-02-22 02:41 | そこはかとなく想う…
神戸に空港ができた。最近ニュースでも話題になっている「神戸空港」 です。
ポートアイランド沖に作られた空港島…そこが神戸空港!
f0022982_17575858.jpg

ポートアイランドに暮らす僕にとっては、まさに目と鼻の先!と言っても過言
ではありません。空港完成に伴い…僕の住む街も大きな変貌を遂げようとして
います。

「島の住人として…開港前に見学をしておきたい」

…ということで、先日車を走らせて空港島まで行って参りました。
余談になりますが、僕は週末になると趣味である居合道の稽古に出かけます。
道場でドタバタと慌しく着替えをするのは煩わしいので…自宅で稽古着に着替
えてから車で出かけます。

紺の胴衣に黒の袴…白い足袋に草履をつっかけ、刀袋を肩からぶら下げる。
これがいつものスタイル…

空港島までドライブした日も稽古の帰り道でした。
「ついでだから、このまま空港島までドライブしよう♪」
自分の大好きな浅岡雄也さんの音楽を大音量で楽しみながら…
いざ!空港島へ!

ポートアイランドから空港島へと繋がる橋を渡る。。。
正面には和歌山県の夜景が…背面には神戸の夜景が…とても心地よい♪
ポートピアホテルでは空港開港を記念して飛行機を象ったイルミネーションが
灯されている。
f0022982_18135938.jpg

数年前までは海だった場所に車を滑らせる…
何だか不思議な気持ちがする。小学生の頃、防波堤から釣り糸を垂らしながら
友達と眺めていた海。そこに今空港が完成している。

僕は適当な場所に車を停め…空港前を散策する。
折りしも海風が強く…袴がバタバタと勢いよく翻る…。

開港前の空港に深夜…着物姿で車内には日本刀!別にやましいことはしていな
いが…客観的に観れば…

不審者かもしれない(笑)

友人のれおんさんからは「はっきり言いましょう!アナタは変人です」と断言
されてしまう始末…(苦笑)

まぁ…いいやっ!警察のお世話になるようなことはないだろう。
そりゃ…開港を数日後に控えた空港内で…着物姿で日本刀を振りかざし!
「諸君決起せよ!神戸空港反対!私は神だ!天誅~!」
なんて叫び歩いたら警察も来るでしょう…(苦笑)そんなことしないから大
丈夫さ。…そう思っていた…。しかし・・・

空港島までの道のりは、僕が暇な時に車を走らせるドライブコースに選定され
た。ところがある日…空港へ続く橋の上で警官に止められた(爆)

「開空前の検問を実施しております!」

…(汗)ご安心を!別に悪さしてませんから…逮捕されるなんてことはありま
せんでしたよ(笑)ふ~アブねえアブねぇ~
[PR]
by takedasikon | 2006-02-19 18:32 | 我が街 神戸
2月14日(火曜日)

僕のパソコンの壁紙には「日めくりカレンダー機能」が付属されている。
パソコンを立ち上げる…画面上に「今日は何の日?」という文字が浮かび上が
ってくる。。。次の瞬間!僕の目は凍りついた!?

パソコンの画面上には次の言葉が浮かび上がっていたのである。


        2月14日  -にぼしの日-

             ( ̄□ ̄;)!!

そ…そうきたかぁーっ! 「に…にぼしぃーっ」(大爆笑)
我がパソコンにとって2月14日という日は、何よりも「にぼし」が最優先さ
れる日であったようだ…(苦笑)

「なかなかセンスいいなぁー!おぬし!」
…と、思わず褒めてあげたくなりました。なかなか面白かった(^-^)

f0022982_295924.jpg

我が家のパソコンにとっては「にぼしの日」であった今日は…
世間一般の感覚から言えば「バレンタインデー」として受け止められている。

どういう訳か日本では「女性が男性にチョコレートをあげる日」になってい
る。チョコレート市場の年間売り上げの90%が、このバレンタインデーによ
ってまかなわれているらしい…。

そもそもバレンタインデーの起源はどこにあるのか?

話は西暦270年にまで遡る。ローマ帝国時代のイタリアにバレンタインとい
う名のキリスト教の司祭が居た。当時、キリスト教を「異端」としていたロー
マ帝国はバレンタインに改宗を迫ったが…バレンタインは拒否!

彼は死罪になってしまう。その命日が2月14日なのだそうだ。
バレンタインは後に「殉教者」として聖人に列せられる。だから今日は聖バレ
ンタインの日。。。

では、なぜ彼の命日が「愛を告白する日になったのか?」

いろいろな説がある。当時、ローマの兵士たちには結婚が禁じられていたが
バレンタインは「キリスト教の愛」を説き…密かに彼らの結婚を司った…それ
に因んで、この日を「愛の日」とした…というのも有力な説♪

日本では製菓会社の陰謀(!?)…で「チョコをあげる日」になった(笑)
f0022982_2374138.jpg

僕も今日はチョコを頂きました。
「クールな視点」で「この日」を捉えようと試みても…やっぱり貰えると嬉し
いです(笑) 「その気持ち」が何だか暖かいからね♪
この場を借りて…チョコを下さった皆様!ありがとうございました(爆)

そんなバレンタインデーだけれども…苦い思い出がある。
高校生の頃…。全く僕の好みではない女性からチョコレートを貰ったことがあ
った。手作りのチョコレートで中にはラブレターが添えられていた。

いまにして思えば「なんで俺なんかに?」理解に苦しむが…(汗)
手紙の文面を読むと、その子が一生懸命に僕への気持ちを書き綴ってくれてい
ることが理解できる内容だった。

なんだか凄く恥ずかしかった…。他のどの感情よりも「恥ずかしい」その想い
だけが胸の中イッパイに広がった。

僕はその場で手紙を破り捨てた。最後まで文章を読むこともなく…

手作りのチョコに触れることも恥ずかしかった。
僕はそのチョコも部活の後輩に「あげるよ」と言って食べさせた記憶がある。

翌日、僕は…その子に対して、まるで何もなかったかのように振舞った。
彼女の告白に対して何も応えなかった。昨日までのように何もなかったかのよ
うに振舞ったのだった。

今から振り返ると…なんて残酷なことをしたのだろう?そう思い胸が痛む。
彼女がどんな思いで、どれだけの勇気を振り絞って、その手紙を書いてくれた
のか…理解しようとする努力さへ怠ったのである。

いまでもそのことが悔やまれる。
自分の「真心」を相手に伝えることに…どれほどの「勇気」が必要なのか…
当時の僕には分からなかったのだ。。。

噂によると彼女は後に素敵な彼氏をみつけたらしい。
本当に良かったね。そう思える。もしも彼女に会うことがあれば…真っ先に
「ありがとう」と伝えたい。そしてあの日のことを謝りたい…

彼女が教えてくれた「教訓」が今も胸の中で「痛み」となって宿っている。
その痛みが「他者に対する優しさ」と「人から与えられる温もり」の何たるか
を、ささやかな形で僕に教えてくれたような気がするから…

だから「ありがとう」と言いたい。
[PR]
by takedasikon | 2006-02-15 02:58 | そこはかとなく想う…

淀川さんと水野さん

こんばんは。
またまた体調崩して寝てました…毎週土日は熱出して寝込んでいるような気がする…(^^;)

先週の金曜日は…学校帰りにNさんと映画を観に行って来ました♪
今回鑑賞したのはロマン・ポランスキー監督の『オリバー・ツイスト』です。
ロマン監督といえば『戦場のピアニスト』が記憶に新しいですね☆
f0022982_22027.jpg

そうそう…先週の土曜日も同じくNさんと学校の合間に映画を観に行きました。
(我ながら映画ばっかし観ているなぁ…:汗)

先週観たのはジョディー・フォスター主演の『フライトプラン』

…とここまで書けばお気づきかと思われますが(笑)
私、大膳大夫カツヤは大の映画好きです♪ついでに言うと映画館に足を運んで
映画鑑賞をするのが大好きなのです☆

…ということで、今日は大膳大夫カツヤが最近劇場で観た映画のお話をしてみ
たいと思います♪


- 今年に入ってから劇場で観た映画 -

①SAYURI(50点)
「こんな芸者はいねーよ」その一言に尽きる!(笑)

②キングコング(80点)
バカにしていた割には楽しめた♪手に汗握ります!

③フライトプラン(65点)
結末が平凡!内容に関してツッコミどころ満載(苦笑)

④オリバー・ツイスト(65点)
本当に80億円も使って作ったの???疑問が残ります…


- レンタルビデオで借りて観た映画 -

①Shall we dance?(80点)
日本の原作もいいけど…リチャード・ギアがカッコイイです(笑)

②エリザベス(70点)
重厚に仕上がってました♪

③世にも不幸な物語(計測不能:爆)
コメントできません!不思議な映画です(汗)観れば分かると思う…
観る価値があるかどうかは貴殿の判断にお任せする(爆)

④アレクサンダー(40点)
オリバー監督…才能枯渇しました?(毒)
壮大な「ホモの物語」になってしまっています(爆)

⑤最後の恋のはじめ方(80点)
ほのぼのした気持ちになれます♪
ウィル・スミスの映画では久し振りのヒットかな???

⑥スパルタカス(75点)
40年も昔の映画なのに…大作です!
特に最後の戦闘シーンは圧巻!!シナリオは単純なのですが…


テレビで何気なく観た映画などを合わせると、もう少し作品数は増えるのです
が…。まぁ今回はこんなものかな???

作品の横につけてある点数は「僕の独断と偏見」でつけた点数です!
平たく言えば…どの作品が僕の好みか?ということです(笑)

何だか映画の話をしていたら凄く長くなってしまいそうなので…
映画の話題はこの辺で止めておこう(笑)
f0022982_22361897.jpg

映画館を出てNさんとハーバーランドを散策!
バレンタインデーも近いということで上のような飾りつけがされていました♪

ブラブラと「しょーもない物」ばかり物色して…そのまま二人でイタリア料理
のお店で晩御飯を食しました。
レストランの窓から見る夜景は…雪がチラつき、とても美しく映りました。

このNさん。最近の僕のツボです(笑)
普通の人には決して見られない好奇心のベクトルと…「悪趣味」と呼ばれるジ
ャンルに対する教養の深さは半端ではありません(爆)

Nさんから流入する「知識」は僕にとって「新大陸並みの衝撃」を有しているの
です!いやぁ…Nさんは凄い人です!!

先日も…
「ゴリラの唇を食材にした料理があるのを御存知?」

…こんな知識を授けてくれる人は他には絶対にいねぇー( ̄□ ̄;)!!
[PR]
by takedasikon | 2006-02-05 22:47 | 映画
こんばんは♪久し振りの更新です(≧▽≦)

----------------------------------------------------------------------
…といっても今朝(うん!?もはや昨日になるのか:笑) 400人突破記念
更新をさせて頂きました!先ほど内容を更にバージョンアップさせましたので
(笑)宜しければ御一読ください♪

少しマニアックな記事になってしまっていますので…歴史に興味の無い方には
オススメ出来ないかもしれないけれども…(苦笑)【1月31日参照】
-----------------------------------------------------------------------

今日は、また「ドーデモいい話」を書こうと思います☆
最近、薬のせいか?とても眠いのです。少しでも時間があれば…すぐにウツラ
ウツラ…まるで赤子の如く日暮眠ってしまいます。

薬のせいなのか…風邪のせいなのか…
原因は不明ですが、僕には一年に数回…何時間寝ても寝足りない…という時期
が訪れるのです。一日に十数時間眠っても…眠気が取れなくなる…。

そういう時期が1~2週間続きます!そしてある日パッと解消されるのです。
日常生活においては…僕は普通の人よりも睡眠時間が少ない人間だと思いま
す。皆さんは何時間くらい睡眠時間を確保できていますか?

僕は平均4~5時間ほどの睡眠時間を確保しています。
どちらかと言えば少ないほうでしょ?普段、溜め込んでいる「睡眠負債」をこ
の時期にまとめて返済しているのかな?そんな感じがします(笑)

今日も小学校での仕事を終えて…帰宅途中の電車の中…。
頑張って本を読もうと思っていたのですが、睡魔には勝てずウツラウツラして
いました。電車の中で居眠りするのって…凄く気持ちいいですよね♪

…しかし!今日は突如としてその安眠が破られたのです( ̄□ ̄;)!!

「きゃーっ!」

女性の悲鳴が聞こえたかと思うと…なんだか柔らかい感触と重量感が膝の上
に突如としてのしかかり…なんだか球体の物が勢いよく、僕の顔面に突っ込ん
でくるような感覚を覚えたのです。。。

眠っていたのですが反射的に右手でサッと自分の顔面をかばう…
そう(↓)こんな姿勢になってたの(自爆)
f0022982_138663.jpg

一体何が起こったのか分からなかったのですが…
どうやら、どういう訳か車内で吊革を持っていた女性が吹っ飛んできて(爆)
僕の膝の上で「座るような形」になってしまったようなのです。そのとき勢い
よく飛んできた女性の頭を僕は右手で塞いでいたのでした(笑)

「ごめんなさい…ごめんなさい…」

そう言いながらもジタバタしてなかなか立ち上がれない女性…

「いいえ。おかまいなく」

…と寝ぼけ眼で、膝の上に女性を乗せている僕(苦笑)ハッキリ言って意味不
明な絵になっていたことでしょう。。。

女性を助け起こしてから…再度安眠の世界に戻りました。
ちなみに!どれだけ爆睡しても…僕は降りる駅に着くとパチッと目が覚めま
す!乗り過ごししたことはありませぬ(←自慢:笑)

うーん…我ながら今日の記事も実に下らない内容だ(^^;)
[PR]
by takedasikon | 2006-02-01 02:09 | そこはかとなく想う…