武田信玄公の御生涯に深い敬慕の念を抱いている、管理人・大膳大夫カツヤの徒然なる日記を紹介致します。


by takedasikon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2007年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ゴータミーの辛子の種

f0022982_2402184.jpg


長いこと更新が出来ず沢山の人に心配を掛けてしまっているみたいです(汗)

申し訳ない…
色々と心配させてしまっていますが、この通り生きております(笑)

四月から新しい環境の中で新しい仕事が始まりました。とても充実していてエキサイティングな仕事です。「嗚呼…俺はこの仕事をする為に生まれて来たんだ」そう思えます。

四月から始まった「新しい生活」。僕を変えてくれる様々な出会い…。この四月。この一月あまりで300人近い人間と出会い、言葉を交わしました…

これからも沢山の出会いがあるだろう。その出会いの一つ一つに「温もり」を宿せれば…そのように思っています。変わり行く自分…成長してゆく他者。その彩を人生の中に肉付けしてゆけたとしたら、どれ程幸せなことだろう。

今はその幸せをしみじみと感じております。

ただ本務以外のボランティア的な活動が、本務をかなり圧迫してきており…苦しんでもおります。沢山の人々の要求に応えられる自分でありたい。そう願っていますが、これが中々上手く行かない(笑)当然といえば当然かもしれないが…何かもっと良い方策が無いのだろうか?逡巡してしまい憔悴してしまいます。

多忙の為に思考能力が低下していることもあり、プライベートな人間関係にも支障が生じ始めました。こちらも自分にとっては大きな悩みの種になっています。「自分にとって大切な人間を大切にしたい」そういうごく当たり前のことすらもお粗末になってしまっているのが現状でしょうか?

釈迦は「人生は苦しみである」と説きました。生きてゆく為には「四苦八苦」と向き合ってゆかねばならないと説きました。けれども僕にとっての人生は楽しいものです。時々「苦し場面」に遭遇することもありましたが、自分なりの歩幅で乗り越えてきました。

苦しみを乗り越えた先に眼前に見えたのは「素晴らしい世界」「温もりのある世界」でした。これからも、そういう世界を目指して一歩、一歩登り詰めて行きたい。

出来れば他者に温もりを分け与えられるような人間になりたい。出会う人々が有する希望を支えてあげられるような人間になりたい。

その為には経験値が必要だ。研究と修養により己を高めてゆかなければならない。立ち止まってなんていられない。上を目指さなければならない。優しくなくてはならない。心を忘れてはならない。

「ならない」が増えてゆくなぁ…(笑)
けれども、それが人生だ。数々の「ならない」があるからこそ己を見つめ直せるのだと思う。

「悩みなさい。悩むことが人生なのだから。」
99歳になる自分の祖母が掛けてくれた言葉だ。これからも悩み続けよう。それこそが人生なのだから(笑)

■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇


にほんブログ村 歴史ブログへ
当ブログは「歴史ブログ」のランキングに参加しております。もしも記事の内容を気に入って頂けたならば、上のバナーをクリックして下さると嬉しいです(≧▽≦)


■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇
[PR]
by takedasikon | 2007-05-01 02:59 | そこはかとなく想う…