武田信玄公の御生涯に深い敬慕の念を抱いている、管理人・大膳大夫カツヤの徒然なる日記を紹介致します。


by takedasikon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2007年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧


久しぶりの休み…自分自身の霊気・運気を向上させる為に密教の聖地・高野山に行って参りました。高野山は不思議な山です。実際に足を運んだ人には分ると思います。深い森の奥…突如山頂に姿を現す宗教都市。。。

山の上は不思議な霊気に包まれているようで、脳みその芯から全身を清純な霊気によって清められてゆくような感覚を覚えるのです。

私だけではなく…沢山の人々が同じような感想を抱く高野山。
弘法大師・空海が高野山に金剛峰寺を創建設してから1191年。

様々な人々の想い…信仰の中から、何かが生み出され、「その何か」は、実際にいまもこの山に息づいているように思えます。
f0022982_17155840.jpg

バチカンに行った際にも感じたことですが…「信仰のチカラ」というものは物凄いチカラを持っていますね。私自身は強い信仰心というものは持ってはいません。私のスタンスは基本的に「神仏は敬って頼らず」です。

しかし…我々の次元を超越した何らかの「大いなるチカラ」というものは、この世に存在すると思いますし、それらを異なる形であっても崇敬しようとする「信仰のチカラ」というものには大いなる敬意を抱いています。

無限は己の有限を教えてくれる。それが「信仰」という名の行為の本質であるように思えるのです。

何だかカタイ文章になってきてしまっていますね(苦笑)
余暇を高野山で過す。高野山の清浄な霊気で自分自身の運気を高める。そういう表向けの動機の裏には…ミーハーな思いがあったことも否めません(笑)

そう…
高野山に行けば…

f0022982_17293337.jpg

武田信玄公に
お会いできるからです(爆)


「また武田信玄かよ…」と失笑されてしまいそうですが、信玄公については後でゆっくり書き込みさせていただきますね(笑)

自宅から高野山へは電車で3時間ほど…車窓を眺めていると、雑然とした都会の風景が次第に穏やかな田園風景と姿を変え…やがて深い深い山の景色へと変貌してゆきます。その変貌振りを電車の単調なリズムに身を委ねながら、のんびりと眺める。。。

旅の醍醐味でもあり至福の時間でもあります。
街に帰れば押し寄せてくる不安もため息も涙もここでは忘れてしまおうよ(笑)…という気持ちになってゆきます。電車はガタゴトと僕らを揺らしながら進んでゆきます。

-つづく-

■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇


にほんブログ村 歴史ブログへ
当ブログは「歴史ブログ」のランキングに参加しております。もしも記事の内容を気に入って頂けたならば、上のバナーをクリックして下さると嬉しいです(≧▽≦)


■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇
[PR]
by takedasikon | 2007-07-30 17:43 | 旅行
今日は私の懐刀にして、私の最愛の弟子・アブーの結婚式の日でした。
素晴らしい結婚式でした。感動した!(笑)


けれども…「アブーが花嫁…なんだか実感が沸かないんだよなぁ~」
なんて溢していたら、周囲から「お前は父親か!?」と突っ込まれてしまいました(自爆)

その通り…僕にとってアブーは特別な存在です。父親と娘の関係とはいかないけれども妹が居なかった僕にとっては本当の妹のような存在なのです。

ネット上でこんなことを言ってもいいのかな?(^-^;
僕は君のことを本当の…いや、実物以上の妹だと思っているのですよ(爆)

f0022982_23354771.jpg


アブーと出会ってから今日まで…既に10年以上の月日が経ちました。

思えば長い付き合いだよね。まだ僕らが中学生だった頃、「お互いに大人になって、それぞれの夢が叶う日まで…ずっとずっと友達でいようね。会い続けようね」と話したことを覚えていますか?僕は昨日のことのように覚えています。幼き頃の青臭い思い出だけれども…叶いましたね(笑)

未だに続く「腐れ縁」(笑)これは僕の誇りであり、君との出会いを振り返るとき「自分は人との出会いに恵まれていたなぁ~」と実感できます☆
f0022982_2353017.jpg

今日、君のお母さんとお姉さん久しぶりにお会いして…お父さんとお兄さんとは初めてお会いして(笑)「本当のお兄さんみたいな存在」と言われた時は嬉しかったですよ(自爆)

君ほど僕の人生に影響を与えてくれた女性は他に居ませんし…君ほど僕の趣味に付き合ってくれる女性もかって居なかったと思いますし(爆)

僕が恋愛沙汰で落ち込んで君の下宿に駆け込んだ時、君はお手製の料理を作ってくれて、最後まで僕の愚痴につきあってくれましたね(爆笑)ありがとう!あの時ほど暖かいご飯は未だに食べたことがありません(苦笑)

いやいや…僕が君の恋愛問題の相談に乗った時もあったよな?

数から言えば、僕から君に手を差し伸べた回数の方が多かっただろう?やはり君は僕に感謝すべきだ(爆)…と、まぁ冗談は置いておいて(^^;)

今日は本当におめでとう。心から君とユウキ君の幸せをお祈り致します。ユウキ君と初めて会った時も「コイツは凄い奴やなぁ~」と思いました。彼と一緒に居るのならば君もきっと幸せになれるだろうな…そう思えました。

彼への愚痴などはもってのほかだよ。彼ほど素敵な旦那さんは世界を探しても…1万年の時を経たとしても見つけ出せるものではありませんよ(笑)

だからイイお嫁さんになってくださいね。どうしてもストレスが溜まった時は、いつでもおいで…また武田信玄関係の古文書でも見せてあげるからさ(苦笑)
f0022982_081144.jpg


最愛の弟子(!?)にして最愛の妹(!?)
僕は君の幸せをズットズット祈り続けます。死ぬまで祈り続けるよ(爆)だからお互いに白髪の爺婆になるまで…ズットズット、良き友でいてくださいね。

君と出会えて本当に良かった。君と出会えたというだけで、生まれてきた意義があったと思える。素敵な人…最愛の妹(笑)これからも永久に幸せで居てくださいね。

■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇


にほんブログ村 歴史ブログへ
当ブログは「歴史ブログ」のランキングに参加しております。もしも記事の内容を気に入って頂けたならば、上のバナーをクリックして下さると嬉しいです(≧▽≦)


■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇
[PR]
by takedasikon | 2007-07-09 00:15 | そこはかとなく想う…