武田信玄公の御生涯に深い敬慕の念を抱いている、管理人・大膳大夫カツヤの徒然なる日記を紹介致します。


by takedasikon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2008年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

我は信玄也!!

こんにちは!私事ながら…本日は私の誕生日です(^-^;
お祝いの品やメールを送って下さった方々、どうもありがとうございました♪
この世に命を授かってから…20数年!(三十路に近づいてきているけれども:汗)なんだかんだ言って、幸せな日々を過してきています。これも偏に…いつも頼りのない私を支えてくれている全ての人達のおかげと武田大神(信玄公)のご加護のおかげであると感謝しております。私と出会ってくれた全ての人々へ…心からありがとう♪

特に今年は、日付が変わると同時に私の大切な子ども達(血の繋がりはありませんが:汗)からサプライズメールが送られてきて、思わず涙腺が緩みました。凄く嬉しかった。…また信玄公をお祀りする武田神社からは「お誕生日を御祭神・信玄公にご報告しました」という手紙と共に護符が送付されてきました。例年のことながら、ありがたいことです☆

…と、ここで以下の写真をご笑納くだされ(自爆)
以前から戦国の雄・武田信玄公に深い憧憬と敬慕の念を抱いてきた私ですが、ある知人の粋な計らいにより、私自身が「信玄公」そのものになることができました(爆)

…それが、この写真だ!(苦笑)
f0022982_1356321.jpg

なんと私の似顔を「武田信玄公仕様」でプロの絵描きさんに描いて頂いたのです。うーむ…随分と美化されているように感じるのは私だけではあるまい(苦笑)私はこんなに涼やかな目をしていないからなぁ~。それでも嬉しいです!我は武田信玄也!!(←ハイテンション)

武田信玄は幼き頃から、私の目標であり、英雄であり、師匠でした。
自分でも信玄公に対しては、異常な執着心を抱いてきたように思います。
f0022982_14211891.jpg

           <↑管理人所蔵・軍勢を指揮する武田信玄の図>
優れた洞察力と深い知略で、戦国最強と呼ばれる軍勢を意のままに操り、泰然自若ドッシリとした風格を備えた信玄像に私はこれまで、どれだけ魅せられてきたことか・・・

先日も職場の人間から「きっとあなたの背後には信玄の霊が取り付いているんだと思う」と苦笑交じりに言われました。だったらいいなぁ~♪

私の背後には、信玄公と武田家の勇将たちの御霊がついている!(笑)
今年も彼らの事績を探求していきたい。そして私の視点から、彼らの生き様を記録としてまとめていく作業に取り掛かっていきたいと思います。

武田軍に栄光あれ!我は武田信玄也(←完全に壊れた:爆)
[PR]
by takedasikon | 2008-05-25 14:30 | 武田信玄
なんや知りませんが…幼き頃から「甲冑」が好きでした(汗)
赤ん坊の頃から…先祖伝来の甲冑の傍に寄るとキャッキャッはしゃいでご機嫌さんだったそうでおじゃります。なんでやろ…?変わっとるなぁ~(苦笑)
f0022982_0293377.jpg

甲冑ってカッコイイでしょ!
古き良き甲冑を見ていると…なんだかこぅ…ワクワクするというか…ドキドキするというか…なんだか燃え上がってくるものがあるのですよ!…と周囲の人間に語ってもなかなか理解しては貰えません。またそう強いて理解してもらおうとも思わないけれども…とにかくカッコイイねん!
f0022982_0341445.jpg

甲冑って…単なる防具ではないのですよね。

名誉を重んじ、現代人が想像するよりも「見栄っ張り」で勇敢で…それでいて「死に対する美観」が研ぎ澄まされていた哀しすぎる人々=武士

彼らが自分達の「生きた証」として、この世に残す「最期の死に装束」が甲冑なんですよ。だから甲冑を丹念に調べていくと…一つ一つのデザインに、着用者の願いだとか、信念だとか、ダイイングメッセージが込めれているのね。
f0022982_0425810.jpg

だから甲冑を見ていると…過酷な戦乱の世に生きた武士の息吹が感じられるような気がして感動するのです。…分るかなぁ~?分ってもらえないだろうなぁ~(爆)はいはい。常に周囲からは異端視されておりまする(笑)

サムライの生き様は魅力的だ…少しでも彼らに近づければ…せめて自分の生涯を!生き様を「一遍の詩」のように吟じられたらいいなぁ~。そう思う今日この頃。道は険しく遠いけれどもね(笑)
f0022982_050060.jpg

■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇

にほんブログ村 歴史ブログへ
当ブログは「歴史ブログ」のランキングに参加しております。もしも記事の内容を気に入って頂けたならば、上のバナーをクリックして下さると嬉しいです(≧▽≦)

■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇
[PR]
by takedasikon | 2008-05-23 00:51 | そこはかとなく想う…