武田信玄公の御生涯に深い敬慕の念を抱いている、管理人・大膳大夫カツヤの徒然なる日記を紹介致します。


by takedasikon
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2010年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ご無沙汰しております。随分とブログの更新が滞ってしまいました(>_<)

正月早々から「信玄公詣」ということで甲斐へ飛び!また「信玄公の墓前にご挨拶に参らねば…」ということで、高野山に登ったりと…忙しい中でも信玄公を満喫しております♪

私事ですが、管理人・大膳大夫カツヤは兵庫県に在住しています。
実は兵庫県は甲斐武田氏と縁が深い県でもあるのです。今日は仕事で尼崎に出向いていたのですが、この尼崎には武田信玄の孫のものと伝わるお墓が残されています。

仕事のついでに、足を伸ばし、お墓参りをしてきました。
私も甲斐武田源氏の端くれ…少しは縁があると勝手に思っているので(笑)
f0022982_2220558.jpg

写真中央が武田信玄の孫と伝えられる武田勝親の墓碑です。
武田勝親は武田勝頼の三男で、武田家滅亡に際して甲斐を逃れ、この尼崎の地まで落ちて来たそうです。また、勝親は尼崎の領主であった池田信輝に匿われたと伝えられています。

f0022982_2250171.jpgその後の勝親はどうなったのか?諸説があります。
尼崎まで落ち延びて来たものの、残念ながら勝親はその後すぐに夭折してしまったと伝える史料もあれば…

いやいや!亡父・武田勝頼の復讐を果たすため石山本願寺に加担し、その後103歳まで生き延びたという史料まで(笑)けれども、この話を鵜呑みにすると…織田信長と石山本願寺との戦いが終結するのは武田家が滅亡する2年前なので年代が合いませんよね(苦笑)

そして…(ここで、こんな話をすると興醒めですが)武田勝頼の三男に勝親という人物が居たということを裏付ける確実な史料というものは確認されていません。あくまでも「武田勝親の物語」は伝説の域を出ないという意見もあります…では、何故このような伝説が生まれたのか?謎が謎を呼びますよね?

伝説の真偽はさて置き!この尼崎の地に、武田勝頼の血を引くと信じられていた人物が存在していたことは事実です。彼はいったい何者だったのでしょうか?ロマンですよね~☆
f0022982_23111637.jpg

ちなみに、この「武田勝親墓」の墓碑の銘文の撰者は淡州の山縣長周という人物になっています。武田信玄の股肱の臣・山縣昌景に繋がる人物でしょうか?気になります(笑)

あと、尼崎市のお隣、西宮市には武田信玄公の墓と呼ばれている塚があります!
こちらもブログで紹介してゆきますね!!

武田勝親の墓参後、すぐ近くにある「豚々亭」という中華料理屋で昼食!(安くて美味しいです☆)そして映画『オーシャンズ』と『かいじゅうたちのいるところ』を観て帰りました♪

楽しい休日でおじゃりました!

にほんブログ村 歴史ブログへ
↑当ブログは歴史ブログランキングに参加しています。
 記事を気に入って下さり、クリックて頂ければ恐悦至極にござりまする

[PR]
by takedasikon | 2010-01-31 23:19 | 武田信玄
f0022982_875528.jpg元日の我が家の風習。

日付が変わると、武田神社から頂いた新しい神札を神棚にお納めする。床の間には信玄公の掛け軸を飾り、新年の準備を致します。

そして、信玄公の御神霊に新年のご挨拶。思う存分戦国の世に想いを馳せる…。あまりにも信玄公への思い入れが強いため、家族からは呆れられています(苦笑)

写真は昨年新調した信玄公の掛け軸コレクションのうちの一つです!

今年も無事に新たな年が迎えられたので、今から信玄公ファンの聖地・甲斐国(山梨県)に向かい、信玄公を思いっきり体感してこようと思います。

現在、京都駅!新幹線の中からブログを更新しています(笑)

ではでは…いざゆかん!遥かなる信玄公の国へ!
↑テンションが上がり過ぎています♪

にほんブログ村 歴史ブログへ
↑当ブログは歴史ブログランキングに参加しています。
 記事を気に入って下さり、クリックて頂ければ恐悦至極にござりまする

[PR]
by takedasikon | 2010-01-04 08:20 | 武田信玄
あけましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願いいたします!
f0022982_23222726.jpg

写真は今年の初日の出です。
仕事柄、毎朝通勤の途中で日の出を眺めているのですが(苦笑)

やはり新年の初めの日の出を拝むと…
なんだか新しく生まれ変わったような気持ちになれます。


例年の恒例として朝の6時20分に友人たちと待ち合わせ
南に向かって喋りながら歩いてまいります。
東の空はようよう白くなりゆき…西を見ればまだ、黄金色に輝くお月様が顔を見せてくれています。なんだか壮大な心持ちです♪
f0022982_23291865.jpg

f0022982_2330860.jpg

朝日が昇る前のコバルト色の空、光と闇とが微妙なバランスで溶け合う瞬間がとても好きです。このような時間を楽しみながら空を眺めていると、自分自身が地球に溶け込んでゆくような感覚に陥っています。たまには空を眺めてみるのもいいものですね。
f0022982_23355513.jpg

寒風の中、顔面まで凍りつきそうな感覚を覚えながらも、日の出を待つ。
昇りくる朝日が黄金色の光で闇を切り裂いてゆきます。美しい♪

友人と別れ、一族で新年を祝う。親戚一同が引き上げてから初詣に向かいます。
私の名付け親でもある湊川神社(御祭神・楠木正成公)まで自宅から歩いて移動、新年のご挨拶、そのまま藤原紀香で一躍有名になった生田神社に参拝、そして新春祈祷を受ける。

生田神社は私の心の拠り所。自宅から近いこともあって、ほぼ毎日参拝しています。色々と追い詰められてシンドかった時期がありました(苦笑)あの時は、藁をもつかむ思いで社殿に来ていたっけ…この神社に限らず、神社に来るとなんとなく落ち着けるのです。静かな心になれるのです。私にとって大切な場所です♪

巷では、近年「年越し蕎麦」と共に「年明けうどん」が流行しているそうですね。
太く長く…という縁起を担いでいるらしい。

帰り道のコンビニで佐都殿から教えて頂いた武田信玄公のうどんを早速発見!購入しておせちと共に頂く!なかなか美味しかったです☆
f0022982_23502862.jpg

意味不明の日記になりましたが…やはり最後は信玄公で落ち着いたな(自爆)
ともあれ、今年が皆さんにとって実りある年でありますように!
私も頑張ります♪今年も宜しくお願いいたします。


にほんブログ村 歴史ブログへ
↑当ブログは歴史ブログランキングに参加しています。
 記事を気に入って下さり、クリックて頂ければ恐悦至極にござりまする

[PR]
by takedasikon | 2010-01-01 23:54 | そこはかとなく想う…