武田信玄公の御生涯に深い敬慕の念を抱いている、管理人・大膳大夫カツヤの徒然なる日記を紹介致します。


by takedasikon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2010年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

丸い月と 一本の雲

終電の駅を離れ ふと見上げると
中天に大きな月 その月の下に一筋の雲が走っていました。

丸くて優しい月 幾何学的な雲
その光がとても美しくて

ただカメラを持たない私は 呆然とその空を見上げるだけでした
やがて雲は風の中に 滲むように溶けていきました

f0022982_10381390.jpg


月の光は不思議です 
眺めていると いつも何故か 近しい人々の笑顔が
脳裏をよぎります

大勢の人々に囲まれていても 大勢の笑いに包まれていても
孤独を感じることがあります

そんな時に 胸をよぎるのは 温もりを宿した
愛しい人たちの笑顔です

苦笑しながらも そんな瞬間に
愛しているなぁ~ 愛されているなぁ~
と感じることが出来る


ひたむきな姿 迷い苦しんだ時の涙 たわいもない笑い
愛らしい憎まれ口 真摯な瞳

そんなものに出会うとき 
これが僕の「生まれてきた意義」なのだと感じます

ただ心は気まぐれなものです
誰にも会いたくない と思いながら 必死に誰かに会いたい
と願います。

相反する気持ちが心に満ちると
私は月を見たくなります

大きな大きな空がいいなぁ~
建物も 電線も無い 大きな空

丸くて大きな 空が覆いかぶさるような 
そんな空がいい

月の光は 丸く滲みます
幾何学的な雲は 溶けています

そんな時に 僕は君に会いたいと思います。
[PR]
by takedasikon | 2010-10-23 10:53 | そこはかとなく想う…